SIRIUSでテンプレートの横幅を変更する方法

SIRIUSには以前からテンプレートの横幅(サイト幅)を変更する設定がありましたが、デフォルトテンプレートしか対応していませんでした。

 

SIRIUSバージョン1.5から全ての【新】テンプレートで横幅設定機能に対応したので、スタイルシートを使わずにテンプレートの横幅をだれでも簡単に変更できるようになりました。


テンプレートの横幅を変更する

テンプレートの横幅を変更したい場合は、上部メニューの「テンプレート→テンプレートの横幅設定」を選択して横幅を数値で指定します。

 

 

試しに【新】ビジネステンプレートの横幅を変更してみます。

 

ビジネステンプレートを含め、新テンプレートの横幅はデフォルトで1000pxです。

 

 

数字で細かく指定する場合

数字で細かく指定する場合は「全て手動で設定する」から設定します。

 

ここでは「テンプレートの横幅」を1600pxに、「メインカラムの横幅」を1280pxに、「メインメニューの横幅」を300pxに設定してみました。

 

NOVAでは「テンプレートの横幅」のみ機能します。メインメニューは336px固定、メインカラムはサイト幅に合わせて自動で調整されますので数値は指定しないでください。

 

 

テンプレートの横幅が大きくなりました。

 

 

新テンプレートで以前のテンプレートの横幅900pxから100px大きくなったとはいえ、1000pxでも現在のサイト幅の主流に比べるとやや狭いので、デザインを重視するなら1200px程度には広げて良いかもしれません。

 

また、この機能を使えばグーグルアドセンスの広告サイズに合わせたサイト幅にするなども可能になります。

 

自動で調整する場合

細かい数字を指定しない場合は「横幅の自動調整」を使用します。

 

「テンプレートの横幅」のみを入力します。2カラムであれば「2カラム向け自動設定」を選択して「適用」をクリックすると必要な数値が自動設定されます。

 

 

プレビューから確認する

新テンプレートはレスポンシブデザインなので、テンプレートの横幅を変更したら必ずスマートフォンで表示が崩れていないか確認しましょう。

 

 

テンプレート横幅調整機能の注意点

テンプレートを変更する場合はデフォルトに戻す

設定したテンプレートの横幅はテンプレートを変更しても設定された状態のままなので、2カラムテンプレートから1カラムテンプレートに変更した場合などは設定を元に戻さないとレイアウトが崩れてしまいます。

 

元に戻す場合は「テンプレートの横幅設定機能」を開き、「デフォルトの設定に戻す」をクリックします。

 

 

旧設定項目は使用しない

「旧設定項目」は新テンプレートになる前の古いテンプレート向けのものなので、新テンプレートでは設定しないように注意してください。