SIRIUSのバージョンアップ情報(アップデート履歴)

SIRIUSのバージョンアップ(アップデート)の履歴と各バージョンアップの詳細な内容です。SIRIUSのバージョンアップは全て無料で受けることができます。


このページの目次

2018年のSIRIUSバージョンアップ情報

Ver1.560(2018年11月29日)

人気記事の一覧を表示できる機能を追加

SIRIUSの上部リボンバーにある「追加設定」タブから、メニュー上に人気記事の一覧を表示させる機能を追加しました。

 

 

 

FTP機能に「指定したファイルをアップロード」機能を追加

「ファイルを指定してアップロード」を選択することで、任意のファイルをアップロードすることができるようになりました。

 

 

同時生成機能のリダイレクト処理を調整

iPhoneサイトの同時生成を行っている場合において、「iphone」フォルダ内にファイルが存在しない場合、PCサイトの内容を読み込むように調整を行いました。

 

ヘッダー画像で透過pngファイルを利用できるように改良

サイト全体設定の「ヘッダー画像」の項目から、透過pngファイルを指定できるようになりました。今まではpngファイルを指定してもjpegに変換されていました。

 

 

SIRIUS側の仕様上、「header.jpg」というファイル名で保存されますが、 各ブラウザで正しく表示されるように調整しています。

 

右クリックメニューから、モジュールを新規追加できるように改良

「サイト全体設定→モジュールの設定タブ」からしか設定できなかったモジュールの新規追加を、記事本文の右クリックメニューの「モジュールの新規追加」からできるように改良しました。

 

 

追加テンプレート用の独自タグ、関数を多数追加

12月6日発売予定の追加テンプレート専用の独自タグ、関数を多数追加しました。これらの独自タグは、(現時点では)追加テンプレート専用のものとなっており、マニュアル上には掲載しておりません。

 

内蔵プレビューの調整

特定の条件下において、内蔵プレビューが正しく動作しない問題を修正しました。マイクロソフト社が既にサポートを終了している古いOS(Windows XP、Windows VISTA)では、旧形式の内蔵プレビューが表示されるようになっています。

 

PCサイトでもキャッシュ化ができるように改良

サイトオプションの「スタイルシートの最適化」の項目で、画像やスタイルシートのキャッシュ時間を指定する設定を追加しました。

 

 

この機能を有効にすると、画像ファイル等のキャッシュ時間が指定されるため、サイトの表示速度が高速化されます。

 

なお、本機能を利用するとブラウザのキャッシュが残りやすくなるため、テンプレートや画像の変更を行った場合に、変更内容が反映されていないように見えてしまうケースがあります。
このような場合、ブラウザ上で【Ctrlキー+F5キー】を押し、ブラウザのキャッシュをクリアしてから、再度ご確認ください。

 

なお本機能は「.htaccess」が利用できるサーバーのみ有効です。 無料サーバーの多くは「.htaccess」が利用できませんので、 この点についてはご注意ください。

 

サイトオプションに「全て最適化」ボタンを追加

サイトオプションの「スタイルシートの最適化」の項目に「全て最適化」ボタンを追加しました。

 

 

このボタンをクリックすると、スタイルシートのGZIP圧縮、キャッシュ化、結合の機能が全て有効になり、サイトの表示速度を大幅に高速化させることができます。

 

その他の調整

  • ボタンリンク作成機能で、URL部分にリンクタグを指定した場合の処理を修正
  • サイトオプションのフォント設定で、一部見出しのフォントが有効にならない問題を修正
  • デザインモードの細かな修正
  • その他、細かな不具合の修正

 

Ver1.554(2018年9月25日)

内蔵プレビューのブラウザエンジンを更新

  • これまで特殊な環境下で発生していた不具合を修正

 

デザインモードの調整

  • デザインモードの「×」ボタンをクリックした際に、確認メッセージが表示されるように修正
  • システム設定で「Bタグ強調」にしている場合、strongタグをbタグに変換するように調整

 

その他の調整点

  • 「SIRIUS通常版」において、定型マーカー用のスタイルが追記されない問題を修正
  • メニュー編集画面において、フッターメニューをダブルクリックした際に編集ができるように調整
  • 保存ボタンをダブルクリック出来ないように変更
  • ユーザー指定スタイルを保存した際に、メインスタイルシートの書き込み日時を更新するように変更
  • ライセンスの認証方式を微調整
  • 記事本文下の文字数のカウントボタンから、テキストのみの文字数を確認できるように改良

 

追加テンプレート用の関数を追加

  • 今後提供予定の追加テンプレート向けに、スタイルシートの関数を追加

 

Ver1.553(2018年8月27日)

目次機能の調整

  • 「詳細設定」から左寄せにすることが可能に
  • 「詳細設定」から横幅いっぱい(100%)に調整することが可能に
  •  

  • 記事スタイルで飾り枠を使用している場合の記事タイトルの処理を調整
  • 目次用のスタイルシートの調整

 

画像管理画面の調整

  • 画像の読み込みスピードの調整
  • 画像管理画面を開く前に、メモリを確保するように調整

 

その他の調整

  • レイアウト枠で、styleの部分に;;と指定されてしまう問題を修正

 

Ver1.552(2018年8月6日)

内蔵プレビューの安定性の向上

特定のコードを含むJavascriptを読み込んだ際に内蔵プレビューを閉じるのに時間がかかってしまう問題を調整

 

右クリックメニューの「タグ挿入」から目次用のタグを挿入できるように調整

記事本文中で、右クリック→「タグ挿入」から目次用のタグ(<% index %>タグ)を挿入できるように調整

 

 

目次用のスタイルシートの微調整

文字コードによって「表示・非表示」のボタン部分(リンク部分)が文字化けしてしまう問題を修正

 

その他、細かな不具合の修正

  • 過去の追加テンプレートで使用していた関数の一部が使用できない問題を修正
  • その他、軽微な不具合の修正

 

Ver1.551(2018年7月30日)

高解像度のモニターでテンプレート選択ができない問題を修正

4Kモニターなどの高解像度の環境下で、高いDPI値が指定されている場合にテンプレートの選択ができない問題を修正

 

目次生成機能にいくつかの設定項目を追加

  • 目次の開閉ボタンを非表示にできる項目を追加
  • 目次の初期状態を非表示の状態にできる項目を追加
  •  

  • (特殊設定)記事タイトルの部分を、強制的にH2タグとして処理する項目を追加
  • テンプレートのカスタマイズで記事タイトルをH2タグにしている場合に使用

 

Ver1.550(2018年7月27日)

目次の自動生成機能を追加(上位版のみ)

記事の本文中の見出しタグ(H2~H6タグ)を自動解析し、ページ内の目次を生成することができる機能を搭載

 

 

SIRIUS内蔵プレビューのブラウザエンジンを最新のものに更新

これまでSIRIUSに搭載されていた内蔵プレビューのブラウザエンジンを刷新し、Google Chromeと同等の最新ものに更新

 

定型マーカー(蛍光ペン)機能の追加

これは蛍光ペン(イエロー)です。
これは蛍光ペン(ピンク)です。
これは蛍光ペン(レッド)です。
これは蛍光ペン(ブルー)です。
これは蛍光ペン(グリーン)です。
これは蛍光ペン(シアン)です。
これは蛍光ペン(オレンジ)です。
これは蛍光ペン(グレー)です。
これは蛍光ペン(イエロー)です。
これは蛍光ペン(ピンク)です
これは蛍光ペン(レッド)です。
これは蛍光ペン(ブルー)です。
これは蛍光ペン(グリーン)です。
これは蛍光ペン(シアン)です。
これは蛍光ペン(オレンジ)です。
これは蛍光ペン(グレー)です。

 

スタイルシートのクイック更新機能の追加

スタイルシートをカスタマイズされている上級者向けに、スタイルシートのみを生成、アップロードすることができる機能を追加

 

 

サイト生成の内部処理を最適化

目次の自動生成機能を搭載するにあたり、サイト生成にかかる処理時間をチューニング

 

ショートカットキーの拡充

追加されたショートカットキー

キーボード操作 処理内容
Ctrl + Bキー 太字の挿入
Ctrl + Kキー リンクの挿入
Ctrl + Uキー 下線の挿入
Shift+Alt+2~6キー 見出し2~6の挿入
Shift+Alt+Mキー 画像の挿入
Shift+Alt+Qキー 引用文の挿入
Shift+Alt+Lキー 文字の左寄せ
Shift+Alt+Cキー 文字のセンター寄せ
Shift+Alt+Rキー 文字の右寄せ
Shift+Alt+Mキー 画像の挿入
Ctrl+Sキー テンプレートの編集画面で保存

 

いくつかの不具合の修正

  • 共通スタイルシート(commonfiles.css)を調整
  • 特定のサーバーで常時SSL化をしている場合に、アップ先の自動判別が出来ない問題を修正
  • 特定のサーバーで常時SSL化をしている場合で、wwwありのドメインで統一できない問題を修正
  • iPhoneサイトで画像のキャッシュ化をしている場合において、一部の記述を追記
  • モジュール内で<% pageDepth %>タグを利用している場合に、正しいパスが記述されない問題を修正
  • スタイルシート中の不要な記述を削除する処理を追加

 

Ver1.503(2018年5月30日)

デザインモードの細かな修正

  • <head>タグ内で利用するタグを貼り付けた場合に、自動的にHTMLエスケープするように改良
  • 半角・全角スペースの貼り付けが出来ない問題を修正
  • いくつかの細かな挙動の調整

 

サイト生成の調整

  • 設定ファイルの読み込み時に、ファイルのロックを行わないように修正
  • 今後追加予定の機能の内部処理を追加

 

テンプレートの横幅調整機能の調整

  • 横幅を1000px以上に指定した場合のメディアクエリを調整
  • ビジネステンプレートで横幅1000px以上にした場合、検索窓が少しずれてしまう問題を修正

 

Ver1.502(2018年5月23日)

デザインモードのブラッシュアップ

  • デザインモードの安定性の向上
  • テーブル操作において、Ctrl+→キーで行選択できるように改良
  • テーブル操作において、Ctrl+↓キーで列選択できるように改良
  • Ctrl+→とCtrl+↓の両方で全選択も簡単に

     

  • テーブルのセルの横幅、縦幅を変更する際、リアルタイムで確認しながらサイズを調整できるように改良
  • 数値を入力すると直ぐに反映されるので便利

     

  • テーブルの背景色が変更できない事がある問題を修正
  • テーブル上で、複数の半角スペースを含む英文を指定している場合、半角スペースが消えてしまう事がある問題を修正
  • その他、細かな挙動の微調整

 

画像管理画面の調整

画像の横並べの設定を「横並べする」にしている場合、サイズ指定ができなくなる問題を修正

 

画像横並べでサイズ指定が可能に

 

 

 

サイト管理画面の修正

サイト管理画面で「ラベル」画面を選択している場合に、サイト内のキーワード検索ができない問題を修正

 

サイトオプション

サイトオプションの「サイトデザイン」→「文字の位置/表示」の項目に、ヘッダー、およびロゴ画像のalt属性を変更できる項目を追加

 

通常ロゴ画像はサイト名なのでの、私はロゴ画像のalt属性値を<siteTitle>にしています。

 

MTインポート

  • ページの上書き処理を行う設定にしている場合において、サムネイル画像・ヘッダー画像の設定を残すように変更
  • MTインポートを行った際に、改行設定が「改行しない」になる事がある問題を修正

 

Ver1.501(2018年5月17日)

テンプレート

  • 2カラムテンプレートでも「サブメニュー」が利用できるように調整
  • デフォルトテンプレートで、記事本文内にH3タグを利用している場合のマージン値などの調整

 

サイト管理画面

「最終更新日」で1ヶ月以内を選択した場合、それ以上期間のサイトも表示されてしまう問題を修正

 

スタイルシートのGZIP圧縮機能

ディレクトリ配下のサイト(http://example.com/sample/といったURL)でサイトを運用している場合、iPhoneサイト同時生成機能と、GZIP圧縮機能を併用するとiPhoneサイトのスタイルシートが正しく読み込まれない不具合を修正

 

テキストエディタ

特殊な条件下において、変換キーを押した場合にSIRIUSが強制終了されてしまう問題を修正

 

記事本文の右クリックメニューに「本文の分割」メニューがない問題を修正

<% pageBodySplitter %>を挿入するとカテゴリーページの記事タイトルに下に表示される記事冒頭から抽出した記事説明文を挿入した場所以降を非表示にできます。

 

 

その他

  • カテゴリーページの「ページ複製」がグレーアウトしている問題を修正
  • システム設定で特定の設定を行っている場合に、サイト編集画面上でエラーが発生する問題を修正
  • 過去の設定で、特定の値を指定している場合に、画像管理画面が表示できない問題を修正

 

Ver1.500(2018年5月14日)

Ver1.5は大幅バージョンアップです。アップデート内容を以下にまとめてあるのでご覧ください。

 

2017年のSIRIUSバージョンアップ情報

Ver1.272(2017年6月6日)

デザインモードの修正

黄色のマーカータグや、各見出しタグなどを利用した際に、カーソル位置が飛んでしまう事がある問題を修正しました。

 

FTPアップロード機能の修正

アップロード中に中断ボタンを押した際に、すぐに反応にするように調整しました。

 

サイト管理画面のソート順を保存するよう調整

サイト管理画面で、サイトの並び順を記憶するように調整しました。

 

ツイート、Facebookのイイネボタンのタグを修正

記事本文中の右クリックメニュー→「パーツ挿入」から挿入できるパーツタグを微調整しています。

 

画面右下のファイル名のボタンから、リンクタグ等をコピーできるコマンドを追加

SIRIUSの画面右下に表示されるファイル名のボタンから、リンクタグやページURLをコピーできる機能を追加しました。

 

 

その他、細かな調整

 

Ver1.271(2017年4月4日)

パンくずリストの構造化(マークアップ)ができる機能を追加

サイトオプションの「サイトの表示に関する設定」からパンくずリストのマークアップ処理の設定ができるようになりました。これにより、パンくずリストの構造をGoogleに的確に知らせる事ができるようになっています。

 

 

デザインモードの挙動を修正

blockquoteタグが外れてしまう問題を調整しました。

 

サイトオプションにXML宣言を記述するかどうかの設定を追加

サイトオプションからXML宣言の記述の有無を設定することができるようになりました。特定の条件下において、サイト上で「Parse error: syntax error, unexpected T_STRING in ~ Line 1」というエラーが表示される事がありましたが、XML宣言の記述をしない設定にすることで、問題を解決することができます。

 

 

  • インフォトップのコンテンツ自動取得で画像が正しく表示されないケースがある問題を修正
  • mobileLinkDiscoveryの調整
  • 画像管理画面の挙動を一部調整
  • 新規独自タグの調整
  • その他、細かな調整

2016年のSIRIUSバージョンアップ情報

Ver1.261(2016年11月15日)

iPhoneサイトの画像サイズの縮小設定が反映されない問題を修正

 

Ver1.260(2016年10月31日)

iPhoneサイトのプレビュー時の画像処理を変更

iPhoneサイトをプレビューした際に、画像のファイル名を「○○._spreview.jpg」という形式で出力するように変更しました。

 

リンク設定機能で、外部サイトの選択方式を変更

リンクの挿入機能において、カテゴリーの並び方がSIRIUS独自のものになっていましたが、これをサイト管理画面と同じ並び順に変更しています。

 

独自タグの処理を追加

今後発表するテンプレートにおいて利用する独自タグを複数追加しています。

 

画像管理画面から、iPhoneサイト用の画像フォルダに直接アクセスできる機能を追加

画像管理画面の上部メニューにある「画像フォルダ」を開くからiPhoneサイトの画像フォルダを直接開けるように調整しました。

 

 

Ver1.250(2016年2月9日)

Windows10へ正式対応

問題なく動作することを確認したため、SIRIUS Ver1.250よりWindows10が動作保証の対象となりました。

 

iPhoneサイト同時生成機能のフリースペースを強化

サイトオプションの「iPhoneサイト設定」において、フリースペースを表示させるページを細かく設定できるように調整しました。

 

 

また個別ページの「上級者向け設定」から、ページ毎に表示するかどうかを設定することができます。

 

 

  • iPhoneサイトのプレビュー時の挙動を修正
  • PHPのバージョンによって、一部エラーが表示される問題を修正
  • その他細かな調整

2015年のSIRIUSバージョンアップ情報

Ver1.240(2015年10月20日)

サイトオプションにレスポンシブテンプレート用の設定項目を追加

SIRIUSのサイトオプションの「サイトデザイン」の項目に「レスポンシブ設定」タブを追加しています。

 

 

SIRIUSの右クリックメニューにファイル名の重複がないかどうかを確認できる機能を追加

カテゴリーページやエントリーページにファイル名の重複がないかどうかを確認できる機能を追加しました。サイト構成画面上で右クリックし、「ファイルの重複チェック」→「全ページを確認」コマンドを選択することで全ページの重複チェックが可能です。

 

 

  • 不正な依存文字が使われている場合にサイト復元に失敗してしまう問題を修正
  • その他細かな調整

 

Ver1.233(2015年9月4日)

  • リンク集自動登録機能で、リストが収集できなくなっていた問題を修正
  • 特定のスマートフォン端末において、自動振り分けが正常に行われないケースがある問題を修正
  • その他、細かな修正

 

Ver1.232(2015年5月28日)

  • コンテンツ自動取得機能で、楽天の仕様変更に対応
  • その他、細かな修正

 

Ver1.231(2015年4月23日)

  • 特定のサーバー・環境下において、アップロードが正常にできない問題を修正
  • Windowsの文字サイズを大きくしている場合のサイトオプションの処理を修正

 

Ver1.230(2015年3月31日)

サイトURLが、https://からでも指定できるように変更

サイト全体設定の「サイトURL」を、httpsからでも指定できるように変更しました。

 

 

iPhoneサイト設定にMobileLinkDiscoveryの設定項目を追加

この項目を「全てのページに表示する」に変更することで、スマートフォンのサイトURLを明示的に指定する事ができるタグが追加され、GoogleにiPhoneサイト(スマホサイト)が認識されやすくなります。

 

 

iPhoneサイト設定に、スタイルシートの最適化機能を追加

サイトオプションの「iPhoneサイト設定」に「スタイルシートの最適化」という項目を追加しています。本項目をオンにする事で、複数あるスタイルシートを「styles.css」一つにまとめ、表示速度をアップさせる事ができます。

 

 

iPhoneサイト設定に、画像のキャッシュ化機能を追加

サイトオプションの「iPhoneサイト設定」に「画像のキャッシュ化」という項目を追加しています。この項目をオンにすることでもiPhoneサイトの表示速度がアップします。

 

 

  • カスタマイズ用に<% pageHeaderImage2 %>タグを追加
  • iPhoneサイトの自動振り分けを設定した際に.htaccessにHTTPヘッダーの設定を付加するように変更
  • iPhoneサイトの自動振り分け設定で、Androidタブレットと、Windows Phoneの振り分け条件を変更
  • iPhoneサイトのviewportを微調整
  • 共通スタイルシートの調整
  • その他、細かな調整

2014年のSIRIUSバージョンアップ情報

Ver1.223(2014年8月5日)

SIRIUS内蔵プレビューで、サイズの切り替え機能を追加

 

  • テンプレートの読み込み処理を高速化
  • サイトマップの特殊文字の処理を追加
  • iPhoneサイト同時生成機能で一部の画像がコピーされない問題を修正
  • Faviconの出力タグを修正
  • 画像を記事本文にドラッグすると、カーソルが飛んでしまう問題を修正

 

Ver1.222(2014年7月3日)

  • テンプレートで検索機能を利用した際に、強制終了する場合がある問題を修正
  • iPhoneサイトをメインで作成する際のヘッダー画像の処理を修正
  • iPhoneサイト設定の個別画像指定機能の修正
  • システム設定のマーキングの設定が有効にならない問題を修正
  • 画面領域の記憶処理を修正
  • 外部リンクを指定する際に古いサイトデータが表示される問題を修正

 

Ver1.221(2014年6月19日)

  • 特定の環境下で、AutoUploaderが正常動作しない問題を修正
  • 設定ファイル、バックアップファイルをアップロードしないように修正
  • 特定の条件下で、モジュール等が一覧表示されない問題を修正
  • HTMLタグを削除しないshorten2関数を追加
  • テーブルエディタでエラーが発生する問題を修正
  • その他細かな修正

 

Ver1.220(2014年4月18日)

ランキング作成機能を追加

今回のバージョンアップにより、「ランキング作成機能」が実装され、2014年以降に提供・販売されるテンプレートでは、テンプレートに合ったデザインのランキングが作成できるようになりました。

 

 

記事本文の編集画面で、モジュールの独自タグをダブルクリックして直接編集できるように修正

 

モジュール機能で、自動改行を行うかどうかの設定を追加

 

  • サイトデータを管理するデータベースを軽量・高速化
  • iPhoneサイト同時生成機能の画像の中央揃え処理を変更
  • 特定の操作を行った際に、過去のサイトのフリースペースが引き継がれてしまう問題を修正
  • その他、細かな不具合の修正

 

Ver1.212(2014年3月19日)

ページタイトルの文字数カウント機能を追加

 

共通ファイルのみの初期化機能を追加

 

記事本文中のURLのリンクをオフにする設定を追加

 

  • 一部のランキングテーブルの表示形式を最適化
  • 大量のページをアップロードしようとすると、途中で止まってしまう事がある問題を修正
  • フリースペースに複数行設定されている場合、スクロールが正常に反映されない問題を修正
  • SCK専用テンプレートにおいて、1カラム化に出来ない問題を修正
  • コンテンツ自動取得機能において、AMAZONの一部カテゴリーのコンテンツが正常に取得できていない問題を修正
  • AutoUploaderの起動時にエラーが発生する事がある問題を修正

 

Ver1.211(2014年2月13日)

  • 一部の環境下でFTPエラーが発生する問題を修正
  • サムネイル画像の取得機能で、遅延キャプチャが出来ない問題を修正
  • テーブル用スタイルシートの調整
  • その他、細かな不具合の修正

 

Ver1.210(2014年1月23日)

SIRIUSの「システム設定」から、FTPの詳細な設定ができるように改良

 

携帯・iPhoneサイトの同時生成機能において、画像の縮小処理を調整できる機能を追加

 

画像管理画面に、画像の回転機能を追加

 

  • 一部の環境において、アップロードが止まってしまう問題を修正
  • Windows8.1環境において、アップロードの際にエラーメッセージが表示される問題を修正
  • 大量のページ(数百~数千)のサイトを作成している場合に、メモリ不足が発生してしまう問題を修正
  • サムネイル作成機能で、一部のページのサムネイルが作成できない問題を修正
  • テンプレートの選択画面のプレビューを、Webkit(モダンブラウザ)ベースに変更
  • 設定ファイルの一部が破損してしまった場合に、自動修復できる機能を追加(特定ケースのみ)
  • AutoUploaderの不具合修正
  • その他、細かな不具合の修正

2013年のSIRIUSバージョンアップ情報

Ver1.202(2013年11月7日)

  • アップロード時のカテゴリーの作成処理を改良
  • iPhoneサイト同時生成時の画像の縮小比率を調整
  • 特定の条件下においてサイトオプションを設定すると、iPhone用のカスタマイズ内容がリセットされてしまう問題を修正
  • カテゴリーを非公開設定にしている際に、配下のエントリーページが生成されてしまう問題を修正
  • サイトオプションの背景画像設定時に、プレビューが表示されない問題を修正
  • クイック更新、予約投稿時の例外処理を強化
  • システム設定で、「カテゴリーを折りたたんで表示」が有効にならない問題を修正
  • 特定の環境下で、記事編集画面からフォーカスが外れてしまう問題を修正
  • サイトオプションの拡張子を変更している場合、.(半角ドット)が入力されていないと500エラーが発生してしまう問題を修正
  • その他、細かな不具合の修正

 

Ver1.201(2013年10月23日)

主な変更内容

  • アップロードが途中で止まってしまう事がある問題を修正
  • 一部の環境下で、アップロードの際に強制終了してしまう事がある問題を修正
  • アップロード画面の「更新されたファイル」コマンドの処理を改良
  • アップロード画面の「アップロード先自動判別」コマンドの処理を改良
  • クイック更新時に、現在の処理状況を表示するように修正
  • FTPの拡張コマンドが利用できない場合(ジオシティーズなど)にファイルのリストが取得できない問題を修正

 

その他の不具合修正

  • Googleサイトマップ認証用METAタグが反映されない問題を修正
  • 文字コードをUTF-8にした際に、サイト内検索が文字化けしてしまう問題を修正
  • iPhoneサイト生成のみを行う際、さくらサーバーで正常に振り分けが出来ない問題を修正
  • 携帯サイトをメインで作成している場合、拡張子をPHPにしていると
  • 1行目のXML宣言が<?php ~ ?>にならない問題を修正
  • ページ数が多いサイトを開く際の処理スピードを改善
  • その他、細かな挙動を修正

 

Ver1.200(2013年10月18日)

.Net Framework4の導入

以前までは「.Net Framework2.0」がインストールされていれば動作するようになっていましたが、 今回のバージョンアップにより「.Net Framework4.0」が必須となります。

 

.Net Framework4のダウンロードはこちら

 

サイト生成を大幅に高速化

今回のバージョンアップにより、サイト生成の速度が大幅に高速化されました。

 

アップロード処理を最適化

今回のアップデートではアップロードの内部処理も見直し、より安定してアップロードが出来るようになりました。

 

フッターメニューを追加

サイト下部のフッター部分に、任意でメニューを設定できるようになりました。

 

 

各ページのHEADタグ設定機能を追加

上級者向けの設定となりますが、ページ毎に<HEAD>タグの内容を記述する事ができるようになりました。

 

 

サイトオプションの操作画面を一新

サイトの細かなカスタマイズができる「サイトオプション」の操作画面を最適化し、より分かりやすく操作できるようになりました。

 

携帯、iPhone同時生成機能に「改行の最適化」オプションを追加

PC向けに句読点で改行を入れていた場合、スマートフォンや携帯端末では読みにくい場合がありましたが、「改行の最適化」オプションで改行させないことが可能になりました。

 

 

アクセス解析をHEADタグ内に移動するオプションを追加

デフォルトでは、</body>タグの近くにアクセス解析タグが設置されるようになっていますが、Googleアナリティクス用に</head>タグの直前に移動させる事ができるようになりました。

 

 

内蔵プレビューをWebkitベースに変更

iPhoneサイトのプレビューなどで利用している「内蔵プレビュー機能」ですが、内部のブラウザエンジンをWebkitベースに変更しました。

 

iPhoneサイトの画像表示を、デフォルトで中央揃えに

回り込みを設定した画像の表示方法を、スマートフォンではデフォルトで中央揃えになるように改良し、より見やすいサイトが生成できるようになっています。

 

iPhoneサイトにトップメニュー、フッターメニューを追加

Phoneサイト上で、トップメニュー・フッターメニューを表示できるようにしました。

 

配下のエントリーページ数を表示できるオプションを追加

サイドメニュー上に表示されるカテゴリーページに、配下のエントリーページ数を表示できるようになりました。(デフォルトでは非表示になっています)

 

 

独自タグの追加

「次のページ」、「前のページ」へのリンクを自動的に表示できる独自タグ「<% relNavigation1 %>」を追加しました。

 

テンプレートの微修正

今回の機能追加により、テンプレートの微修正を行いました。新機能用の独自タグを追加している他、スタイルシートの微修正も行っています。

 

その他、細かな修正

  • 自動バージョンアップ機能を改良
  • トップページだけのサイトの場合、サイトマップページを生成しないように修正
  • 文字コードをUTF-8にしている場合、BOMなしにするよう修正
  • iPhoneサイトの画像縮小処理を改良し、より高画質に生成できるように修正
  • その他の微修正

 

Ver1.104(2013年3月22日)

AutoUploaderの改良

 

  • ログ画面でどのサイトのどのページに投稿したかを確認できるように
  • 終了メッセージ等の表示の有無が指定可能に
  • Windowsのスタートアップに登録が可能に
  • 特定の条件下で、他のサイトの予約が消えてしまう不具合を修正
  • 予約投稿時に、RSS情報が更新されない不具合を修正

 

自動バージョンアップ機能の処理を改善

自動バージョンアップを行う際にAutoUploader等が起動されている場合、終了を促すメッセージを表示されるように改良しました。

 

 

サイト管理画面のカテゴリーの移動処理を改善

サイト管理画面で、サブカテゴリーを別のカテゴリーに移動させた際の処理を修正しました。

 

コンテンツ自動取得を修正

コンテンツ自動取得機能において、AMAZONのコンテンツが一部修正できなくなっている問題を修正いたしました。

 

 

Ver1.103(2013年2月13日)

デザインモード上の細かな改良

右クリックメニューの「テーブル操作」から操作を行うことができます。

 

テーブルの横幅を指定できるように改良

 

テーブルのセルの結合・分割ができるように改良

 

テーブルの縦揃えができるように改良

 

HTMLタグを最適化するかどうかを指定する設定を追加

先日のバージョンアップでHTMLを最適化するように調整を行っていますが、「システム設定」にこれを無効化できる機能を追加しました。

 

 

その他、細かな不具合修正

  • サイト構成画面の右クリックメニューに「サブカテゴリー」コマンドを追加
  • 角丸テンプレートの「ライトブルー」の画像を一部差し替え
  • ヘッダー画像/ロゴ画像編集ツールで、「キャンバスのフィット」の挙動を修正

 

Ver1.100(2013年1月31日)

Windows 8への完全対応

これまでのバージョンではWindows 8上でSIRIUSを使用すると終了時などにエラーが発生していましたが、SIRIUS Ver1.100よりWindows 8に完全対応いたしました。

 

デザインモードを追加

実際にサイト上に表示される内容を見ながら記事を編集できる「デザインモード」を追加しました。

 

 

マニュアルをPDF形式から、オンラインマニュアルに変更

今回のバージョンから、従来のPDF形式から、オンラインマニュアル(サイト上のマニュアル)に変更いたしました。

 

オンラインマニュアルはこちら

 

テーブルエディタ機能を改良

今回のバージョンアップで追加された「デザインモード」と同一画面になっており、HTMLタグが改変されるような事が少なくなっています。

 

 

「いいねボタン」、「ツイート」ボタンを設置する機能を追加

記事の編集画面で右クリックし、「パーツ挿入」メニューからこれらのボタンを追加する事ができます。

 

 

FTPアップロード時の文字コードをUTF-8に変更

FTPのアップロード時の文字コードを、従来の形式から「UTF-8」に変更しました。

 

カテゴリーページをダブルクリックで編集できるように改良

カテゴリーページをダブルクリックすると記事が編集できるようになりました。

 

 

サイト構成画面に、「全て折りたたむ/展開する」コマンドを追加

サイト構成画面の右クリックメニューに、「全て折りたたむ/全て展開する」コマンドを追加しました。

 

 

サイト構成画面の右クリックメニューに、「ページの移動」コマンドを追加

サイト構成画面の右クリックメニューに、「ページの移動」コマンドを追加しました。

 

 

その他、細かい不具合を修正

  • iPhoneサイトに「ポイント6~10」を追加
  • 設定によって、「このWEBページで確認」コマンドが正常に動作しない問題を修正
  • 携帯・iPhoneサイトで、PC用テンプレートの一部画像が表示されない問題を修正
  • SIRIUS内蔵のプレビュー機能で、Javascript使用時にフリーズしてしまう事がある問題を修正
  • iPhoneサイトテンプレートを修正すると、一部環境で正常に保存出来ない場合がある問題を修正
  • 記事画像のみを変更した場合に、変更内容が反映されない事がある問題を修正
  • クイック更新(画像込み)を選択すると、一部環境下で画像が縮小されてしまう問題を修正
  • iPhoneサイト上で、一部のテーブルを使うとレイアウトが崩れる問題を修正
  • 予約投稿機能を使おうとすると、エラーが発生してしまう事がある問題を修正
  • 予約投稿時に、正常に登録できない場合がある問題を修正

2012年のSIRIUSバージョンアップ情報

Ver1.081(2012年9月29日)

  • 追加テンプレートにおいて、一部の独自タグが出力されない事がある問題を修正
  • 一部の設定下においてサイト管理画面が見にくくなってしまう問題を修正

 

Ver1.080(2012年9月27日)

SIRIUS追加テンプレート用の独自タグ・関数を追加

追加テンプレートの販売に伴い、いくつかの独自タグと関数を追加しました。

 

サイトの絞り込み検索機能を追加

サイト管理画面に、キーワードでサイトを検索する事のできる「絞り込み検索」機能を追加しました。

 

 

SIRIUS内蔵のプレビュー機能を強化

PC・携帯・iPhoneでのプレビューを簡単に切り替える事ができるようになり、同時生成を行う際の確認がやりやすくなっています。

 

 

ヘッダー画像・ロゴ画像編集機能が正常に動作しない場合がある問題を修正

一部の環境下において、ヘッダー画像/ロゴ画像編集機能が正常に動作しない事がある問題を修正しました。SIRIUSの上部メニューにある「設定」→「システム設定」→「ヘッダー/ロゴ画像編集機能」タブから設定します。

 

 

細かな不具合の修正

  • サイト内検索で全角の半角スペースを入れて検索すると、一部のサーバーで正常に検索できない問題を修正
  • iPhoneサイトの同時生成を行う際、特定の設定が正常に反映されない不具合を修正
  • MTエクスポート時の日付フォーマットを修正
  • 画像に「読み取り専用」設定が指定されている場合に、サイトの同時生成が出来ない場合がある問題を修正
  • 一定の操作を行った場合に、ラベルや定型文の設定が保存されない事がある問題を修正
  • その他の細かな不具合修正

 

Ver1.070(2012年7月12日)

各ページのファイル名のデフォルト設定を変更できる機能を追加

各ページのファイル名が自動挿入される仕様となっていましたが、これらの設定を自由に変更する事ができるようになりました。

 

 

全てのファイルを同一階層内に生成できる機能を追加

この機能を使用すれば、エントリーページの階層(カテゴリー)を変更してもページのURLが変わらないため、カテゴリーを自由に変更することが可能です。

 

 

画像挿入機能を強化

画像挿入画面に、下記のオプションを追加しました。

 

画像の横並べ

複数の画像を選択した状態で「横並べにする」を選択すると、横並べで表示させる事ができます。

 

 

画像ファイルへのリンク

画像ファイルへリンクを挿入することができます。画像をクリックすると原寸で表示できるようになります。

 

 

各種不具合の修正点、改良点

  • 予約投稿時にサイトマップが生成されない問題を修正
  • サイト全体設定で、日本語ドメインをPunyコード形式に変換するように修正
  • iPhoneサイトで、H1部分が2行以上になる場合に、一部表示されなくなる問題を修正
  • 文字コードを「UTF-8」に指定している場合に、BOMなしで出力されるように修正

 

Ver1.063(2012年2月16日)

  • 被リンク自動獲得機能の制限を、最大15件に変更
  • インフォトップの仕様変更により、コンテンツが取得できなくなっていた不具合を修正
  • ヘッダー画像・ロゴ画像作成機能で、サイトのデータフォルダが取得できなくなっていた不具合を修正
  • ヘッダー画像編集機能で、背景画像のサイズに合わせて画面サイズを調整するように改良
  • サイト内検索で、一部のページが検索できなくなっていた不具合を修正
  • モバイルアドセンスの表示箇所の設定が、正常に動作しない場合がある問題を修正

2011年のSIRIUSバージョンアップ情報

Ver1.062(2011年12月2日)

  • 設定によって、サイト生成時にエラーが発生する問題を修正
  • サイト内検索において、検索できないページがある問題を修正
  • サイトオプションの設定時に、エラーが発生する問題を修正
  • PCの設定によって、OKボタン等が表示されない場合がある問題を修正

 

Ver1.06(2011年11月25日)

吹き出し挿入機能

記事内に「吹き出し」を挿入できる機能を追加しました。

 

 

文字装飾の強化

セールスレターなどでよく使われる「FAQ」や、ジャンルを問わず様々なサイトで使用できる「角丸枠」を追加。

 

FAQ

ここに質問を入力
ここに回答を入力

 

ここに質問を入力
ここに回答を入力

 

角丸枠

角丸枠1

 

角丸枠2

 

角丸枠3

 

角丸枠4

 

角丸枠5

 

FAVICON設定機能

サイトをお気に入りに登録した際に表示されるアイコン(FAVICON)を簡単に設定できる機能を追加しました。

 

 

アップロード先自動判別機能

アップロードがスムーズにできるように、アップロード場所を自動判別する機能を搭載しました。

 

 

対応サーバー

  • エックスサーバー
  • さくらサーバー
  • ロリポップ
  • HETEML
  • コアサーバー
  • ハッスルサーバー
  • お名前.comサーバー
  • 忍者ホームページ
  • FC2サーバー

 

ヘッダー画像/ロゴ画像作成機能の改良

主な修正点

  • ドラッグ&ドロップで画像を追加できるように改良
  • オブジェクトの順番を入れ替えられるように改良
  • ヘッダー画像の背景をリサイズできるように改良
  • サイト名・サイト説明文を挿入できるように改良
  • テキストをクリックした際に確実にフォーカスがあたるように改良

 

その他の改良点

  • 画像を回り込ませた際に、見出しがめり込んでしまう現象を改良
  • 携帯サイトをメインに作成する際に、サイトオプションから詳細な設定が変更できるように修正
  • ページを移動した際に、選択していた記事を記憶しておくように修正
  • テンプレートエディタの検索時に、先頭から再検索する機能を追加
  • MTインポート機能で、「改行設定」および「予約投稿」が反映されるように改良
  • サイトの複製時に、アップロード先をリセットするかどうかを聞くように修正
  • アップロード先が変更された際に、アップロード先の情報を記憶するように修正

 

Ver1.05(2011年10月31日)

ファイルメニューに「インストール先フォルダを開く」コマンドを追加

ファイルメニューにSIRIUS本体のフォルダを開く「インストール先フォルダを開く」コマンドを追加しました。

 

 

  • ヘッダー画像編集機能で自作の画像を読み込むと、勝手にリサイズされてしまう問題を修正
  • 携帯サイト生成時に、小さい「ァ」が半角にならない不具合を修正
  • 携帯サイトをメインで作成している際に、iPhoneサイトが同時生成されない問題を修正
  • iPhone・携帯サイト用テンプレートを修正
  • PC用テンプレートを修正

 

Ver1.041(2011年10月3日)

旧ヘッダー画像編集機能を使用できるように修正

旧ヘッダー画像編集機能を使いたい場合は右クリックから選択可能です。

 

 

  • サイトのバックアップを行うと、エラーが発生してしまう不具合を修正
  • サイトマップページの一部で、リンクが正常に出力されない不具合を修正
  • AQUASからのデータインポートができなくなっていた不具合を修正

 

Ver1.040(2011年9月30日)

ヘッダー画像作成機能を大幅に強化

ヘッダー画像編集機能を一から作り直し、画像挿入、テキストの複数追加、影・縁取りの細かな設定追加など大幅にパワーアップさせました。

 

 

ロゴ/テキスト画像編集機能を搭載

サイトタイトル部分に表示させる「ロゴ画像」や、記事中に表示させる「テキスト画像」が作成できるようになりました。

 

 

2列のレイアウトが指定できる機能

記事中で2列のレイアウトが指定できる機能を搭載しました。

 

 

サイトオプションで文字コードが指定できるように

「文字コードの設定」が追加され「UTF-8」などを設定が可能になりました。サイトの文字コードを指定できるようになった事によって、日本語以外のサイトを作ることも可能になっています。

 

 

サイトオプションで設定した内容を、新規サイトに引き継げるように改良

これまで、サイトオプションの設定は1サイト毎に設定する必要がありましたが、今回のバージョンアップで、現在設定されている内容をデフォルトとして指定できるようになりました。

 

 

その他の細かい修正・改良

  • ブックマーク機能で正常に登録できないブックマークがある不具合を修正
  • 特定の環境下で、テーブルエディタが正常に表示されない不具合を修正
  • カテゴリーを指定している際に、サイトを新規作成した場合、そのカテゴリーが指定されているように修正
  • 作成するサイトのフォルダを「サイト名」にする仕様に変更
  • サイトオプションで、更新履歴の文字列を変更できるように改良
  • 被リンク自動獲得機能で、正常に申請できない場合がある問題を修正
  • カテゴリー名やファイル名が勝手に変換される問題を修正
  • ヘッダー画像を選択していない場合に、ヘッダー部分を非表示にするように改良
  • QRコードが正常に表示されない事がある問題を修正
  • フリースペースで、1行の文字数が3文字以内だと改行されない不具合を修正
  • HTMLタグ削除の時に「 」も一緒に削除するように改良
  • テンプレート編集のステータスバーにある「テキスト」の文字を削除
  • 各ページのタイトルをHTMLエスケープするように改良
  • MTインポートの際に、改行の設定が反映されない問題を修正
  • MTインポートの際に、カテゴリーに含まれないエントリーページが「重複」として判断されない問題を修正
  • META説明文のダブルクオーテーションを削除するように修正
  • ポイント画像を10まで追加(要テンプレートの初期化)
  • フォントを再読込する機能を追加
  • 全サイトバックアップ時に、各種設定ファイルもバックアップできるように改良
  • エラーメッセージが表示された際に、エラー情報を送信できるように改良
  • ボタン画像の重複を削除
  • テンプレートの改良
  • テンプレートの初期解凍時に、エラーが発生することがある問題を修正
  • iPhoneサイトのスタイルシートを編集する際に、エラーが発生することがある問題を修正
  • マニュアルの内容を修正

 

Ver1.033(2011年7月12日)

ヘッダー画像作成機能に、行間を指定する機能を追加

ヘッダー画像作成機能に、テキストの行間を指定する機能を追加しました。

 

 

携帯サイト設定に、モバイルリンクディスカバリーの表示を設定できる機能を追加

モバイルリンクディスカバリーの設定をコントロールしたい方向けに、携帯サイト設定の【上級者向け設定】の欄に設定項目を追加しました。

 

 

モバイルリンクディスカバリー周りの不具合を修正

特定の設定を行っている場合に、モバイルリンクディスカバリーが正常に表示されない不具合を修正しました。

 

<pc|ipc><mbc|ipc>タグを追加

上位版利用者向けの機能、各キャリアごとに表示内容を振り分けられる<pcc><mbc><ipc>タグに、下記の2種類を追加しました。

 

<pcc|ipc>

PCサイト、およびiPhoneサイトのみに表示する内容を指定します。

<mbc|ipc>

携帯サイト、およびiPhoneサイトのみに表示する内容を指定します。

 

その他の細かい改良・修正

  • 非公開のページが検索結果に表示されないように改良
  • 複数ページの詳細設定画面で、『公開設定』の表記が一部間違っていた不具合を修正
  • メニュー上のみ非公開にしている場合でも、サイトマップ・RSS・Googleサイトマップ上にリンクを表示するように改良
  • 配下にエントリーページが存在しない場合、「記事一覧~」のタイトルが表示されないように改良
  • 画像タグに誤りがある場合、クイック更新時にエラーが発生する不具合を修正
  • サイトオプションの「FTP設定」の項目に、「設定をクリア」ボタンを追加
  • サイトタイトルに特定の文字列が入っている場合、サイトを保存できない不具合を修正
  • 新規作成時に、フリースペースの設定が反映されない不具合を修正

 

Ver1.032(2011年7月1日)

細かい不具合の修正

  • 被リンク自動獲得機能で、特定のリンクを取得してしまうと、正常に申請できない不具合を修正
  • 携帯サイト同時生成機能で、「同一URLによる振り分け」を行っている場合、QRコードの一部表記が間違っている不具合を修正
  • 一部のテーブルを使用すると、表示がおかしくなってしまう不具合を修正
  • 独自タグに<% pageUrl %>、<% parentPageUrl %>を追加。特定のページのアドレス(絶対パス)を表示します。

 

Ver1.031(2011年6月27日)

クイック更新機能で、当該ページで使用されている画像もアップロードできるように改良

「クイック更新」ボタンに右クリックメニューが追加されていますので、そちらから「クイック更新(画像込み)」を選択してください。

 

 

サイトオプションの「デザイン」の項目にフォント指定機能を追加

サイトオプションで、記事本文や見出しなどのフォントを指定できるようになりました。

 

 

その他の細かい不具合の修正

  • コンテンツ自動取得で「リンクタグをコピー」を選択するとエラーが発生する不具合を修正
  • サブメニューの表示順が正常に行われない不具合を修正
  • サブカテゴリーがあるサイトで「ブログモード」を利用すると、リンクが正常に表示されない不具合を修正
  • サイトオプションで「.htaccess」を編集すると、改行が挿入されない不具合を修正
  • 画像のサイズを指定した状態で回りこませると、変な事になってしまう不具合
  • 初心者モードにしている場合にサイト管理画面で「ヘルプ」を選択すると、準備中と表示されてしまう不具合を修正
  • 携帯サイトとして出力している場合に、フリースペースの表示・非表示が有効にならない不具合を修正
  • 携帯サイト同時生成機能のモバイルディスカバリーを指定
  • 画像のリサイズ時にエラーが発生する不具合を修正
  • Pingリストが存在しない場合の処理を追加
  • ページを複製した際に、(コピー)というテキストを追加するように修正
  • ジオシティーズに接続した際に、強制終了されてしまう不具合を修正

 

Ver1.03(2011年6月10日)

サイト生成のオプションに「高速モード」を追加

※2018年現在のバージョンでは、サイト生成の高速化によりこの機能は削除されています。

 

 

「サイト生成」に複数のオプションメニューを追加

「サイト生成」ボタンを右クリックするとメニューが表示されますので、特定のファイルのみを生成したい場合はそちらから選択。

 

 

パーツ挿入機能を追加

記事本文やフリースペースの右クリックメニューに、「パーツ挿入」機能を追加しました。

 

 

『改行無視エリア』タグを追加

右クリックメニューの「タグ挿入」から<noReturn>~</noReturn>というタグで囲む「改行を無視するタグ」が挿入されます。

 

 

被リンク自動獲得システムの、事前チェック部分を強化

事前チェック機能を強化する事で、コンテンツ量が少ないサイトやアダルトサイトの被リンク申請ができなくなりました。

 

その他の細かな修正

  • 右クリックメニューに、HTMLタグをエスケープ・アンエスケープできる機能を追加
  • iPhoneサイトで、記事内でH3タグを使用した場合の不具合
  • iPhoneサイトのフリースペースに、余分な線が表示されてしまう不具合
  • 初心者モードで、メニューの位置が変更できない不具合
  • 拡張子をPHPにした場合に、サイトマップページが正常に表示されない不具合
  • ページを複製した際に、ファイル名の部分まで一緒になってしまう不具合
  • ロリポップ上で、携帯サイト・iPhoneサイトが文字化けしてしまう不具合
  • ジオシティーズにFTP接続を行うと、(設定によっては)強制終了されてしまう不具合を修正
  • CSVサイト一括作成機能で、記事タイトルと記事本文が読み込めない不具合を修正
  • ページのタイトルが長すぎる場合、記事編集タブのテキストを省略するように変更

 

Ver1.022(2011年6月)

自動バージョンアップをリトライする事が出来るように改善

自動バージョンアップに失敗しまった場合に備えて、自動バージョンアップをリトライ(再試行)する事が出来るようになりました。

 

 

「テンプレート編集機能」で、各テンプレートをデフォルトの状態に出来る機能を追加

テンプレートの編集中、特定のテンプレートをデフォルトの状態に戻す事が出来るようになりました。

 

 

その他の細かな修正

  • .htaccess設定の動作がおかしい問題を修正
  • 「テンプレート編集機能」でCtrl+Zの動きがおかしい問題を修正
  • テーブル作成ツール内の改行タグがおかしい問題を修正
  • テーブル作成ツールのalt=""の部分の処理がおかしい問題を修正
  • フリースペース メインメニュー(下段)の行揃えが反映されない不具合を修正
  • 画像のリサイズ機能で半角ハイフンが使用できなかった点を改善
  • カテゴリーのエントリー一覧に、独自タグが表示されてしまう問題を修正
  • 初心者モードで画像管理画面を開くと、空っぽになっている問題を修正
  • 初心者モードで「ヒントの表示」の設定が保存されない不具合を修正

 

Ver1.02(2011年5月25日)

背景画像を追加

背景画像を指定するには、SIRIUS上部リボンバーの「サイトオプション」→「サイトデザイン」→「背景画像」の項目から設定。

 

 

AQUAS用のテンプレートを変換する機能を追加

SIRIUS上部メニューの「テンプレート」→「AQUAS用のテンプレートを変換」を選択する。

 

 

テンプレートのエクスポート機能を追加

「テンプレート編集」によってカスタマイズしたテンプレートを、エクスポートできる機能を追加しました。この機能を利用すれば、カスタマイズを行ったテンプレートを他のサイトでも使い回す事ができるので、他のアフィリエイターとの差別化が図りやすくなります。

 

 

システム設定で、強調タグを「<b>タグ」に変更できるオプションを追加

SIRIUS上部メニューの「設定」→「システム設定」→「文字装飾」タブを選択し、『強調のタグ』の項目で設定。

 

 

システム設定で、カテゴリーページの挙動を変更できるように修正

これまで、サイト構成画面上でカテゴリーをダブルクリックすると、配下にあるエントリーページが展開されるだけでしたが、設定によってカテゴリーページの記事が編集できるようになりました。

 

 

被リンク自動獲得機能で、リンクページを削除できる機能を追加

これまで「被リンク自動獲得機能」を使って申請を行うと、リンクページを削除する事が出来ない仕様となっていましたが、まだ承認されていなかったり、『非承認』となってしまった場合に限り、1度だけリンクページを削除できるようになりました。

 

 

ボタン画像作成機能に『ボタン画像(特大)』を追加

 

リンク集自動登録機能でアンカーテキストを複数指定できる機能を追加

複数のアンカーテキストが指定できる機能を追加し、アンカーテキストを分散させる事が可能になりました。それに併せて、複数のアンカーテキストが指定できる機能を追加し、アンカーテキストを分散させる事が可能となっています。

 

Ping送信機能のデフォルトの送信先を設定可能に

全てのサイトで共通して送信する『デフォルトの送信先』を設定できるようになりました。

 

 

その他の修正内容

  • カテゴリーのドラッグ&ドロップによる移動処理を改善
  • モジュール機能で右クリックメニューが使用できるように修正
  • 特定の環境下において発生する、MTインポート機能の不具合を修正
  • 内部リンク機能の不具合を修正
  • 独自タグ一覧の修正
  • <% siteUrl %>タグが正常に吐き出されない不具合を修正
  • エクセルからコピー&ペーストした記事を貼り付けた場合、画像として処理されてしまう問題を修正
  • デフォルトテンプレートに「ポイント5」の画像が入っていない問題を修正
  • Internet Explore6上において、ビジネステンプレートのヘッダー画像が左寄せになってしまう問題を修正
  • コンテンツ自動取得機能で、インフォトップにログイン出来なくなっていた問題を修正
  • コンテンツ自動取得機能でのインフォトップ検索で、カテゴリーを指定できるように修正
  • .htaccessのコンテンツが反映されない不具合を修正

 

Ver1.01(2011年5月2日)

  • ビジネステンプレートヘッダー画像の色のついた背景画像を薄い灰色ドットの背景が表示されるように改良
  • (iPhone用テンプレート)見出しに長い文字列を入れた場合でも綺麗に表示されるように改良
  • (被リンク自動獲得機能)条件に満たないサイトは申請できないように改良
  • (システム設定)記事編集画面のフォントサイズを調整できるオプションを追加
  • (リンク挿入)外部サイト選択機能の不具合を修正
  • (サイト内検索)特定の文字列を入力した際に発生する不具合を修正
  • その他の細かい不具合の修正

 

SIRIUS発売(2011年5月)

アフィリエイトサイト作成ソフト「AQUAS」の販売終了から約2ヶ月後、AQUASを大幅バージョンアップした後継ツール「SIRIUS」が2011年5月31日8時から販売開始。