アフィリエイトにおけるSIRIUSとWordPressの違いと比較

アフィリエイト初心者であれば、サイトに作成するのにSIRIUSとWordPressどちらを選べばよいのか迷う方も多いと思います。

 

Webサイトを作るソフトウェアであることは共通しますが、「どういったサイトを作るか」という観点から比較して選択することが重要です。

 

ここではそれぞれを比較してその特徴や違いなどを解説するのでぜひ参考にしてください。

 

SIRIUSは2018年に大幅バージョンアップしてver1.5になりました。今回はver1.5を前提にしていますので、それ以前の情報とは異なる場合があることに注意してください。


SIRIUSとWordPress比較表

※SIRIUSは2018年の大幅バージョンアップ(ver1.5)で付属テンプレートが一新されました

SIRIUS(シリウス) WordPress(ワードプレス)
本体価格 通常版18,800円、上位版24,800円 無料
テンプレート(テーマ) 付属テンプレート10色x3種類(NOVAならカラー自由設定x1種類) 無料あり。有料テーマの多くは10,000円~
スマホ対応 ver1.5から通常版、上位版に関わらずすべてのテンプレートで対応(レスポンシブ) テーマによるが基本的に対応
サイト HTMLサイト(軽い) ブログ(やや重い)
利用法 PCにSIRIUSをインストールしてローカル上で編集後、サーバーにアップロードする サーバーにWordPressをインストールしてインターネット経由でサーバー上で編集する
サイト規模 200記事以内の小~中規模サイトにおすすめ 定期的に更新していくパワーサイトにおすすめ
SEO 普通(基本的なことが対策されている) 普通(多少テーマに左右される)
設定のしやすさ 簡単 やや複雑
サイトの新規作成 新規作成ボタンからワンクリック、設定は使い回すことが可能 WordPressのインストール、テーマの設定、初期設定、プラグイン設定が必要
記事の更新 面倒(毎回アップロードが必要) 簡単
デザイン(外観) 綺麗(ver1.5以降の新テンプレート) テーマによる
サーバー 無料サーバー可 対応しているサーバーのみ
プラグイン 無し とても多い
標準機能 テキスト装飾、テキストボックス、ランキング、5つ星レビュー、ボタン作成機能、吹き出し、ヘッダー画像作成機能など必要なものが揃っている(参考 ほぼ無し(プラグイン必須)
情報 それなりにある(公式マニュアルあり) とても多い
カスタマイズ性 無し(HTMLやCSSの知識があれば可能、当サイトもSIRIUSテンプレートNOVAを自作して使ってます) とても多い
無い機能 人気記事ランキング(Ver1.560(2018年11月29日)で実装済み)、ソーシャルボタン(NOVAなら可能)、お問い合わせフォーム(外部サービスを利用可)など ほぼ無し(プラグイン必須)

そもそも何故SIRIUSとWordPressを選ぶのか?

今どき、アフィリエイト初心者でも簡単にそれなりのブログを構築できる無料ブログもたくさんあります。しかし、本気でアフィリエイトに取り組もうとすると広告表示やサービス終了などのデメリットがある無料サービスは厳しく、独自ドメインとレンタルサーバーを利用することになるかと思います。

 

そのためアフィリエイト初心者でも自分でサイトやブログを構築する必要があるのですが、なかなかに敷居が高いでしょう。そこで初心者でもある程度簡単にサイトやブログを作成できるSIRIUSやWordPressを利用することになります。

 

またSIRIUSやWordPressはSEOやアフィリエイトに便利な機能を備えているため、そういった点から考えてもSIRIUSやWordPressが選ぶ大きな理由の一つと言えるでしょう。

SIRIUSとWordPressの違いやメリット、デメリットの解説

SIRIUSとは?

SIRIUSはアフィリエイトサイトに特化したサイト作成ソフトです。誰にでも簡単で効率的にサイト作成をできるのがSIRIUS最大の特徴です。

 

WordPressなどのブログがページへアクセスするたびにサイトを構築する「動的サイト」なのに対し、シリウスで作成されるHTMLサイトは常に決まったページを表示する昔ながらの「静的サイト」です。静的サイトは動的サイトと違い”サイト構築”の負担が無いため表示速度に優れていて、そのためSEO的に有利とされ、あえてこちらを選ぶサイト運営者も多くいます。

 

また独自ドメインは必要になりますがWordPressと違い静的サイトなので無料レンタルサーバーに設置することもできます。

 

WordPressとは?

WordPressは誰もが自由に再配布などを行えるオープンソースのブログサービスです。無料ブログサービス(Amebaブログなど)とは違い、WordPressは自前でレンタルサーバーや独自ドメインを用意する必要があります。

 

WordPress最大の特徴は自由度が高く、レンタルサーバーを契約すれば無料で利用でき、プラグインを導入して様々なことができることです。HTMLやCSSの知識があればカスタマイズ性は広がりますが、これらを使いこなすには相応の知識が必要になります。

 

初心者でもそれなりのブログを作れ、ベテランのこだわりにも十分対応できる柔軟さもWordPressの大きな魅力のひとつです。

 

SIRIUSのメリット

SIRIUSのメリットは?

 

アフィリエイトサイト向き

SIRIUSはアフィリエイトサイト作成に特化したソフトなので、特にアフィリエイターの方にオススメです。WordPressのようなプラグインはありませんが、ランキング、広告スペース、広告一括管理などアフィリエイトに必要な機能が取りこぼし無く備わっており、逆に「WordPressは何でもできるので何をしたらいいのか分からない」といった方にもオススメです。

 

初心者でも簡単にサイトが作れる

SIRIUSはマニュアルもしっかりしていて、とにかく初心者でも問題なく操作できるように作られています。使い方さえ覚えてしまえば、HTMLやCSSの知識が無い素人でも簡単に見栄えの良いウェブサイトが素早く作成できてしまいます。

 

できることが限られている分、余計なカスタマイズに時間が取られにくいので記事の追加に集中できるなど、サイト作成速度が早いことも大きなメリットです。ヘッダー画像が数百枚付属してますし、ヘッダー画像やロゴ画像も付属のツールで簡単に作れますし、公式フォーラムでサポートを受けることもできます。

 

サイトの管理や量産が簡単

SIRIUSはWordPressと違いさまざまな初期設定が必要なく、設定自体を使い回せるため新規サイトを立ち上げるまでがとにかく早いです。ペラサイトや200ページ以下の小~中規模サイトを作りたいというときにはWordPressと比べられないほどメリットを感じられるでしょう。

 

また多くのサイトを運営していると、WordPressではサイト編集の度にサイトごとのログインが必要なので非常に面倒です。その点、SIRIUSの場合は一つのソフトで複数のドメインを管理できるので便利です。

 

サイト量産が可能

WordPressをサーバーに設置するにはデーターベースが必要になります。このデータベースには上限があり、アフィリエイトで最も人気があるレンタルサーバーと言える「エックスサーバー」のX10プランでは上限が50個となります。

 

データベースが必要ないSIRIUSであればサーバーの容量に空きがある限り、サイトを量産し続けることができます。またデータベースが利用できない無料サーバー(FC2ホームページや忍者ホームページなど)でも設置できることが多いので、サイトを量産したいのであれば断然SIRIUSがオススメです。

 

コンテンツの賞味期限が長い

WordPressはブログなのでテーマのほとんどは記事の公開日時が検索結果で表示され、また古い記事は深い階層へ埋もれてしまいます。しかしSIRIUSが作成するのはHTMLサイトなのでブログモードを使わない場合は公開日時が表示されません。

 

つまり多少情報が古くなったとしても、古い=不正確などの判断で読まれないようなことが少なく、また自由に記事を配置できるので古い記事でも読まれやすいので、WordPressに比べ記事の賞味期限が長くなるメリットがあります。

 

ローカル作業のため軽い

WordPressはサーバーにアクセスしながら編集するため、何をするにも読み込みが発生します。一方SIRIUSはPC(ローカル)にインストールして利用します。つまりサイト作成はオフラインでの作業となるので切り替えが早く、ネットが無い環境でもサイト作成が可能です。ネットにアクセスするのはアップロードするときのみです。

 

SIRIUSのデメリット

ソフトが有料

SIRIUSは有料のソフトで価格は通常版が18,800円、上位版は24,800円です。これからアフィリエイトを始めようとする初心者には少し戸惑ってしまう価格だと思います。ただ、アフィリエイトで得られる利益やソフトの利便性を考えると、それほど高い価格設定だとは言えないでしょう。

 

一つのPCでしか利用できない

SIRIUSはインストール型のソフトなのでPCとソフトがライセンスで紐づけされており、別のPCからは使用できません。別のPCで利用したい場合は別途、専用の追加ライセンスを購入する必要があります。

 

大規模サイトには向かない

SIRIUSは作成した記事を公開するために「サイト作成 >アップロード」の手順が必要になります。ページ数が増えればファイル数も多くなります。そのため200ページを超えるようなサイトになるとサイト生成やアップロードにかかる時間が長くなるため、大規模サイトの作成には向いていないと言えるでしょう。

 

ただ生成とアップロード時間は記事の追加ごとに必ず必要なわけでは無く、複数の記事を書いた後に一括で行うという方法もあります。

 

編集権限を付与できない

SIRIUSはソフトをPCにインストールしなければ作業ができないため、サイト編集を第三者にしてもらうには専用のライセンスが必要になります。そのため外注の場合などには記事の流し込みやテキストの装飾を自分でする必要があります。

 

プラグインが無くカスタマイズも難しい

SIRIUSにはWordPressのようにプラグインが無いため、高度なカスタマイズは難しいです。テンプレートは10色x3種類なので、単に稼ぐだけでなく見た目にもこだわりたい、本格的なサイトを作りたいという方はHTMLやCSSの知識が必要になってくるでしょう。

 

当サイトで配布しているSIRIUS無料テンプレート「NOVA」であればサイトのカラー変更機能やソーシャルボタンが追加されていたりと、一定のカスタマイズがされているのでオススメです。

 

WordPressのメリット

WordPressのメリットは?

 

無料で使用できる

レンタルサーバー契約と独自ドメインの取得は必要になりますが、WordPress自体は無料でインストールすることができます。安いレンタルサーバーを利用すれば完全に無料とはいかないまでも、かなり費用を抑えて利用することができます。

 

更新が楽

新規サイトの立ち上げでは設定することが多くそれなりの手間が掛かりますが、一度設定が終わってしまえば後は記事を追加していくだけなので、アップロードが必要なSIRIUSと比べて日々の更新が非常に楽です。

 

情報を探すのが簡単

WordPressは非常に幅広く使用されているため使い方を解説しているサイトが非常に多く、分からないことがあれば検索して簡単に情報を得ることができます。

 

PCや場所を選ばない

WordPressはインターネット環境さえがあれば、PCや場所を選ばずログインして記事が書くことができます。またPCに限らずやスマホやタブレットからでも編集できるメリットもあります。

 

プラグインが豊富

WordPressには多様なプラグインがあり無料で利用することができます。人気記事ランキング、広告のランダム表示、リンク切れ自動でチェック、SNSボタン設置など様々なことがプラグインで実現できます。HTMLやCSSの知識があればさらに高度なカスタマイズも可能です。

 

編集権限を付与できる

WordPressはインターネットを経由してサーバー上で運営するので、権限を与えれば第三者に記事の投稿や編集をしてもらうことが可能です。そのため組織立って運営する場合や、記事を外注するときなどに便利です。

 

WordPressのデメリット

新規サイトの立ち上げが面倒

WordPress最大のデメリットは新規サイトの立ち上げが面倒な所です。新しいサイトやブログを作る度にWordPressのインストール、テーマの設定、初期設定、プラグインのインストールや設定など多くの手間がかかります。サイトを量産するのには向いていないと言えるでしょう。

 

設置数に上限がある

WordPressを運用するにはサーバーにMySQL(データベース)が必要です。MySQLはサーバーによって設置数に限りがあるためWordPressはブログの量産が難しく、レンタルサーバーによってはMySQLが使えないためWordPressが設置できない場合もあります。またWordPressはサーバー上にあるため、インターネット環境がなければログインはもちろん編集することもできません。

 

覚えること、調べることが多い

SIRIUSのマニュアルと違って情報が一元化されていないので、WordPressについて学ぼうとすると多くのサイトを横断して自分で調べる必要があります。またプラグインなどは便利ですが、どんなプラグインがあるか、どんな設定が最適かなどを調べたりなど多くの手間が必要にあります。そういった部分では初心者には敷居が高いと言えるでしょう。

 

プラグインの導入が必須

基本機能ではできることが少なすぎるため、プラグインの導入が必須となります。一つのサイトにプラグインを複数インストールしてそれぞれの設定を調べながら行うことになります。そして新規サイトではまた同じようにインストールと設定が必要になるため、その分の知識や労力が必要になってしまうことは大きなデメリットです。

 

結局お金がかかる

WordPressには多くの無料テーマ(テンプレート)があります。しかしデザインやSEOに一定の水準を求めるとなると、選択できるテーマは多くありません。また無料テーマはデザインも簡素なことが多く、デザインをカスタマイズするとなるとHTMLやCSSなどの知識が必要になります。

 

そのため本腰を入れてアフィリエイトをするとなると、結局は「STORK」や「賢威」などの有用テーマを購入することになるため、金銭的な負担はSIRIUSとそれほと変わらなくなってしまいます。

おすすめのサイト規模

それぞれでどのようなサイトを想定するべきか。ツールの利便性とは別にどちらを選ぶべきかの重要な判断裁量になります。

 

小~中規模サイトならSIRIUS

SIRIUSは、PC(ローカル)で作成してからファイルをサーバーにアップロードするので、記事数に比例してアップロード時間が伸びます。そのためランディングページ、キラーページ、また小~中規模の量産型アフィリエイトサイト、メインサイトのSEOを高めるためのサテライトサイトなど記事数の少ないサイトを作る際にはWordPressよりもSIRIUSがオススメです。

 

大規模サイトならWordPress

WordPressはサーバー上で記事を作成、編集するのでアップロードが必要ないため、200記事以上の日々記事を増やしていく更新頻度の高い「パワーサイト」を作る場合にオススメです。SIRIUSに比べると覚えることが多く初心者には取っ付きにくいかも知れませんが、一度設定してしまえば後は記事を更新していくだけなので非常に楽です。

使い方の手順

SIRIUSとWordPressを使う手順の大まかな流れです。手順を見ると新規サイトならSIRIUS、更新の気安さならWordPressなどの理由が感覚的に分かりやすいかと思います。

 

WordPressの大まかな流れ

  1. サーバーとドメインを用意
  2. サーバーにWordPressをインストール(新規サイトなら毎回)
  3. 初期設定(新規サイトなら毎回)
  4. テーマ(テンプレート)の設定(新規サイトなら毎回)
  5. プラグインのインストールと設定(新規サイトなら毎回)
  6. 記事を書く

 

SIRIUSの大まかな流れ

  1. サーバーとドメインを用意
  2. PCにSIRIUSをインストール
  3. 設定(使い回し可能)
  4. 記事を書く
  5. サイト生成(更新するたびに毎回)
  6. サーバーにアップロード(更新するたびに毎回)

SIRIUSとwordpress、初心者向けなのはどちらか?

SIRIUSとwordpress、どちらが初心者にオススメかと問われればそれはSIRIUSです。

 

WordPressは少し大変

まず使い方などの情報がマニュアルなどで公式サイトに一元化されていることが大きいです。WordPressの使い方を検索するとたくさんの情報が出てきますが、サイトによって情報の偏りがあるでしょうし、情報が古い場合もあります。

 

WordPress自体の設定する項目も多く、更にどのプラグインが必要か、初期設定やプラグイン設定に関する情報なども調べる必要があります。またどのテーマを使えばいいのか、有料と無料のテーマは何が違うのか、更にテーマのカスタマイズ設定など学ぶことや調べることが多岐にわたります。

 

例えばテキストを装飾するとして、SIRIUSなら装飾ボタンからワンクリックで設定できるのに対して、WordPressではそのテーマで使用できるコードをプラグインのAddQuicktagなどに自分で設定して使うことになります。このようにWordPressは何でもできるが、やろうとすればそれなりの手間や勉強が必要になります。

 

できることが少ないメリット

SIRIUSはWordPressと比べてできることが少ないですが、アフィリエイトに必要なものはすべて備わっています。アフィリエイト向けのサイト作成ソフトですから当然ですね。

 

デザインのカスタマイズやサイドバーの人気記事ランキングなどできないこともたくさんありますが、単純に稼ぐことを想定した場合、それらは必須の機能ではありません。

 

初心者であれば情報を限定するのが有効な場合があります。人によっては自由度が高すぎると何が必要なのか、何をすればよいのかわからない、という状況も発生します。そういった事を考慮すると、どちらが初心者にオススメかと問われれば、それはSIRIUSと言えるでしょう。

ver1.5からSIRIUSはスマホやタブレットのモバイル端末に対応済み

SIRIUSについて扱っているサイトでは、SIRIUSのデメリットとしてスマホ・タブレットなどのモバイル端末に対応しているのが上位版のみであることを上げています。

 

現在のネットユーザーのモバイル端末使用者の割合は半数を超えており、確かに今どきスマホ・タブレットに未対応など論外です。

 

しかし2018年のSIRIUS大幅バージョンアップ(ver1.5)で付属テンプレートは一新されました。デザイン(外観)はもちろん、すべてのテンプレートでレスポンシブデザインが採用されたので、通常版、上位版に関わらずスマホ・タブレットに対応しました。

 

そのためSIRIUSのモバイル対応についてはもはや心配する必要はありません。実質上位版のみと言えたSIRIUSの購入に関して、通常版も現実的な使用ができるようになったことは朗報と言えるでしょう。

SIRIUSとWordPressではどちらの方がSEOに強いのか

SEOとは?

アフィリエイトのサイトで非常に重要なのがSEO対策です。SEOとは「検索エンジンの最適化」という意味であり、SEO対策がされているならば「検索結果の上位に表示させるための対策されている」ということです。

 

SIRIUSとWordPressを比較するにあたって、多くの人が考慮する重要なポイントとしてどちらの方がSEOに強いのか、ということがあるのではないでしょうか。もっと端的にいうと「どちらの方が検索結果で上位表示されやすいか」という疑問です。

 

あなたのサイトが特定の検索ワードに対して1ページ目の1番目に表示された場合、それだけで膨大なアクセスが集まります。1番目と2番目の差はとても大きく、いかにSEO対策して記事を少しでも上位表示させることができるか、そこがアフィリエイトの成否を分ける重要な要素だと言えるでしょう。

 

どちらがSEOに強いか

ではSIRIUSとWordPressのどちらがSEOに強いか?結論からいうと、どちらもそれほど変わりません。どちらもSEOを意識して作られており、一通りの対策がされています。

 

例えばSIRIUSにはメタキーワードを設定する項目がありますが、現在Googleはメタキーワードをサポートしていません。検索エンジンの利用率はGoogleがほとんどで(Yahooも内部でGoogleの検索エンジンを利用している)、他はbingの使用者がわずかにいる程度です。bingもメタキーワードをSEOの指標にしていません。

 

メタキーワードが利用されなくなった理由は、メタキーワードを詰め込むスパム行為が横行したこと、メタキーワードを利用しなくても検索エンジンの進化によってページの内容を理解できるようになったなどの要因が上げられます。

 

大切なのはコンテンツ

Googleが目指しているものは、検索したユーザーに対し望んだであろう有用なコンテンツを届けることです。そのためメタキーワードなどの小手先のSEO対策は年々意味をなさなくなっており、SIRIUS上位版のSEO対策機能などはもはや時代遅れで意味を成さないどころか、ペナルティを考えると使うべきではない機能と言えます。

 

つまり大切なのはコンテンツの質であって、それ以外の要因はそれほど重要では無いということです。

 

私は実際にSIRIUSとWordPressの両方を使用していますが、大きな差を体感することはありません。またSIRIUSテンプレートを自作する程度の知識はありますが、テンプレート(テーマ)でできるSEO対策はそれほど多くありません。

 

Googleのコンテンツ重視の流れはこれからも確実に続くでしょう。その理由を考えれば、SIRIUSであろうとWordPressであろうと、(スマホ対応などの重要な要素を除けば)SEO対策の差異が生じにくいことを理解できるかと思います。


まとめ

ここまで読んでいただければ分かるとおり、それぞれ作成できるサイトの性質や作成スタイルが異なるため、どんなサイトを作りたいかに合わせて選ぶことになります。しかし、もしあなたが本業であれ副業であれ、本気でアフィリエイトに取り組み報酬を得ていこうと考えるなら、SIRIUSとWordPressの両方とも必須になるのではないかと思います。

 

SIRIUSがオススメな人

とにかく稼げればいい

デザインの自由度低くても簡単にアフィリエイトサイトを作りたい場合はSIRIUSがオススメです。SIRIUSは「アフィリエイトサイト作成ソフト」ですから、アフィリエイトに必要な機能がすべて揃っています。面倒な手間はかけたくない、見た目もそれほどこだわらない、とにかく稼げればそれでいいという人はこちらを選びましょう。

 

自宅で一つのPCで作業する人

SIRIUSの大きなデメリットはライセンス制なところでしょう。追加ライセンスにお金をかけたくないなら、自宅での作業となるでしょう。私はこのスタイルなので不便を感じでいないのでSIRIUSのライセンス制に思う所はありません。PCの起動に合わせてスタートアップにSIRIUSを登録しているので、WordPressのログインに比べても非常に楽に感じますね。

 

色々なジャンルを扱いたい人

例えば身長を伸ばすサプリのサイトを作るとします。広告に誘導するために身長を伸ばす方法、身長を伸ばすサプリなどに関する記事などを追加していきます。しかしそれらは最終的に記事数が200を超えるでしょう?仮に私が作るなら超えることはないでしょう。

 

私はその小規模サイトのためにデータベースを割きたくないですし、面倒なのでWordPressで作ろうとも思いません。こういった小規模のサイトも視野にいれるなら選ぶべきはSIRIUSになるでしょう。

 

WordPressがオススメな人

ブロガーになりたい

SIRIUSにはブログモードがありますが、記事数を考えるとブログにはWordPress一択です。ノマドのように場所を特定せずに働きたい場合、場所やPCを選ばずに記事の作成や編集ができるのは大きなメリットになるでしょう。

 

一つのサイトをずっと育てていきたい人

それがたとえブログであろうとサイトであろうと、記事数が日々増えていくような大規模なサイトを作るならWordPressを選びましょう。目安としては200記事以上でしょうか。ずっと更新しているとデザインに凝りたくなることも多く、そういった意味でもカスタマイズが用意なWordPressは最適といえるでしょう。

 

一つだけに絞りたい、両方は使用したくない人

SIRIUSとWordPressのどちらか一方だけを選ぶのならばWordPressをオススメします。10年程度なら問題ないでしょうが、20年、30年と考えていけば確実にWordPressよりSIRIUSの方が寿命が短いでしょう。WordPressは更新が続けられるでしょうし、テーマやプラグインも時代に合わせた新しいものが生まれるかと思います。

 

ただ、SIRIUSに関してもHTMLサイトの需要が無くならない限り後継ソフトが作られるでしょうから、寿命に関してはそれほど心配する必要は無いかと思います。

 

SIRIUSの会社が倒産してしまった場合ライセンスはどうなるの?

SIRIUSの開発が終了したり株式会社ACES WEBが倒産してしまった場合は?

 

もし弊社が営業を停止してしまうようなケースがございましたらライセンス解除を行ったバージョンの本体を提供いたしますのでこの点についてはご安心いただければと思います。

 

また、SIRIUSの開発終了後に関しては、2年間ライセンスサーバーを保持し、その後はライセンス認証のないバージョンをお渡しいたします。

 

万が一、上記のような事になった場合いずれに関しても事前にアナウンスいたしますのでご安心いただければと思います。

 

SIRIUSサポートフォーラム • トピック

 

SIRIUSが高いと思う方へ

SIRIUSは有料ソフトですが、私を含めてSIRIUSの購入特典を無料で配布しているサイトは多く、特典の内容によっては価格以上のものを得られます。利用しない理由がないので、必ず購入特典が受けられるサイトを利用しましょう。