2018年現在、SIRIUSはアフィリエイトするのにもう古い?

2018年のSIRIUSは?

2011年発売のアフィリエイトサイト作成ツールのSIRIUS。発売から7年が経った2018年現在、果たしてSIRIUSは現在も使えるツールなのか?その疑問にお答えします。


2011年と2018年のアフィリエイトサイトの大きな変化

2011年と2018年のアフィリエイトサイトの大きな変化は以下の3つと言えるでしょう。

 

  • 検索順位でコンテンツの内容が重視されるようになった
  • スマートフォンやタブレットのモバイル端末の増加
  • モバイルのWebページの表示を高速化する「AMP」

 

以降、この3つを詳しく説明します。

検索順位でコンテンツの内容が重視されるようになった

2011年当時、自サイトに対してのリンク(被リンク)の数の多さがGoogleなどの検索順位に有利に働いていました。検索エンジンは被リンクが多いほど「このサイトはたくさんリンクされている人気のサイトだ!よし、検索上位に表示しよう!」と考えていたわけです。

 

そのためサイトのコンテンツの品質が低くても、被リンクの数さえあれば検索上位に表示することができました。

 

しかし自作自演の被リンクが横行したため、現在では検索エンジンの進化により「被リンクの数より質を重視」するようになり、質の低いリンクが多い場合はペナルティを受ける可能性もあります。

 

上位版限定のSEO対策機能が使えなくなった

これはつまり、実際に人が流入することがない「価値のない被リンク」を量産するSIRIUS上位版限定の「SEO対策機能」が使えなくなったということです。

 

 

それでは、SIRIUSで検索上位に表示することは不可能になったのでしょうか?

 

コンテンツの内容が重視されるようになった

小手先のSEO対策(検索順位対策)が年々効果が薄くなるのに対し、重視されるようになったのがコンテンツの質です。Googleが一貫して行っているのは「検索したユーザーが求めている情報に簡単にアクセスできるようにする」ことです。

 

つまりSIRIUSだろうとWordPressだろうとサイト作成ツールに影響されず、いいコンテンツを作れば検索上位に表示することができます。

 

「SEO対策機能」が使えなくなったのでSIRIUSの価値は相対的に下がったと言えますが、価値のあるコンテンツを作れるSIRIUSは2018年でも問題なく有用なツールと言えるでしょう。

スマートフォンやタブレットのモバイル端末の増加

当時のSIRIUSのモバイル表示

SIRIUSが発売された2011年はiPhone4の時代です。そのためSIRIUSでも上位版にはスマートフォン用のサイトが作れる「iPhoneサイト同時生成機能」がありました。

 

当時でもスマートフォン表示は必須になるだろうと考えられていたため、SIRIUS購入者の9割以上が上位版を購入することになりました。

 

通常版ではスマートフォン表示が出来ないため、これは残念ながら「今どきモバイル表示に対応していない古いソフト」というイメージをSIRIUSに与えることなりました。

 

実は公式サイトで通常版でもスマートフォン表示ができるレスポンシブテンプレートが配布されていましたが、SIRIUS購入前にその存在に気づくことは難しいため、これを理由に通常版を購入する人は少なかったと思います。

 

スマートフォンやタブレットのモバイル端末の増加

2018年現在、スマートフォンやタブレットのモバイル端末の増加により、モバイル端末のウェブサイトの閲覧率は50%を超えています。

 

そのため、2018年のSIRIUS大幅バージョンアップver1.5でSIRIUS付属テンプレートが一新され、全てのテンプレートがレスポンシブ化されモバイル表示に対応しました。

 

当サイトで配布しているSIRIUSテンプレート「NOVA」もレスポンシブテンプレートです。

 

このバージョンアップによりSIRIUSは通常版でもモバイル表示に完全対応となりましたので、モバイルにおいてもSIRIUSは2018年でも問題なく有用なツールと言えるでしょう。

モバイルのWebページの表示を高速化する「AMP」

AMPとは「Accelerated Mobile Pages」の略です。簡単に言うと「モバイルのページが高速表示される」ようにするGoogleのプロジェクトです。

 

AMPで策定された仕様に沿ってモバイルサイトを構成すれば、ウェブページが通常の約4倍の速さで表示されます。

 

AMPのページはGoogleにキャッシュされ、Google検索結果からサイトを表示する場合にキャッシュされたページを表示させるため、今まで時間がかかっていたウェブページへのアクセスが不要になります。

 

AMPはSIRIUSでも可能

AMPではキャッシュするページの容量を少なくするため、AMPの規定に則ったシンプルなhtmlとCSSが要求されます。そのためSIRIUSでAMPを導入するには、SIRIUSテンプレートをAMPに対応させるため多くの改修が必要になりますが、導入自体は可能です。

 

個人的にSIRIUSにAMPは不要だと思う

個人的な見解ですが、SIRIUSにAMPは不要だと思います。

 

WordPressの表示速度は遅い

2018年現在、サイトを作成するツールで主流といえるWordPressは動的サイトを構築します。WordPressはアクセスがあった際にシステムが動作しWebサイトを表示する動的サイトです。アクセスしてきた人に合わせてページを表示している動的サイトはページ表示速度が遅くなりやすいです。

 

SIRIUSの表示速度は速い

対してSIRIUSは静的サイト(HTMLサイト)です。システムが無くHTMLファイルを表示するだけの静的サイトは動的サイトと比べてページの表示速度が高速です。つまり、SIRIUSサイトのページ表示速度はそれなりに速いため、手間を掛けてAMPを導入しなくても問題ないと考えることもできます。

 

AMP自体は動的コンテンツを高速化させるシステムなので、SIRIUSこそ大きなメリットを享受できます。しかし表示速度の遅いWordPressの方がAMP導入の必要性が強いと言えるでしょう。

 

静的サイトが主流だった昔と違い、「ワードプレスが主流になりサイトが重くなる+低速なモバイル通信」の合わさった現在の状況がAMP化の必要性を生んだのかもしれませんね。

 

またAMPを導入したからといって、検索順位が上がるわけでもありません(Googleは「AMPを検索順位決定に反映させない」と公式で発表しています)。

 

日本では2020年に次世代通信「5G」が導入されるため、モバイルの通信速度が大きく改善されるでしょうから、さらにAMP化する意味は薄くなります。日本に限らず、今後全世界で今より通信環境やモバイル端末の性能向上が飛躍的に見込める状況で、AMPは衰退の速い技術になるかと思います。特に日本では。

総評

まとめると以下になります。

 

  • 検索順位でコンテンツの内容が重視されるようになった
  • →つまり自分のコンテンツ作成能力次第

  • スマートフォンやタブレットのモバイル端末の増加
  • →レスポンシブ化でスマホ表示に対応済み

  • モバイルのWebページの表示を高速化する「AMP」
  • →そもそもSIRIUSサイトの表示速度は速い

 

2018年現在、SIRIUSはアフィリエイトでサイトを作成するツールとして古いということはまったくありません。現在でも「アフィリエイトサイトを作成するならSIRIUS」と言える状況に変化はなく、継続的なバージョンアップも考慮すると今後10年はこの状況が変化することはないでしょう。

 

 

これからアフィリエイトを始めるのであれば、恐らくWordPressも使うことになるでしょうから、それぞれの特徴を理解した上で両方のツールを賢く利用して行きましょう。